thread work 2淡水のフライフィッシングとタイイング。ミッジからサーモンフライまで気の向くままに、、。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ADWピューパ 12:09

ADWはソラックスの下側に8の字掛けでスペント状に取り付け、斜め上方に引き上げてからヘッドでフィニッシュしてあります。アブドメンはモノフィラ+UVコート。
| ミッジ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by matt - -
ラフ 19:05

小型のスピナーパターンによく使う方法。最初にV字の谷を作ってやることで次のウイングを取り付けやすくなる。スペントウイングは水に貼り付いて大きなライトパターンを作り、CDCは水濡れせずにインジケーターの役割を果たすというわけです。


#24に巻くとこんな感じです。
| 落書き | comments(0) | trackbacks(0) | posted by matt - -
マダラスピナー 15:15

CDCはインジケなのでごく短く。スピナーの水面での透過光を意識して巻いたパターンだけど、はたしてハックルがウイングとして認識されているのかどうか、、。ただハックルをレッグに見立て、CDCウイングを長く取り付けたものよりは忌避トリガーは少ないように思います。羽化形態による分類ではなく魚を釣るための機能分類で言うならローライダー(べた浮き)のカテゴリーですね。
| ドライ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by matt - -
ラフ 14:59

長良も今年は好調なようですね。近畿の解禁もあと少し、、日当りのいい平瀬で使ってみたいシステムです。
| 落書き | comments(0) | trackbacks(0) | posted by matt - -
ラフ 17:14


| 落書き | comments(0) | trackbacks(0) | posted by matt - -
スケッチ 13:20

前の記事のネタスケッチです。落書きなので英語のスペルとか間違ってるかもしれませんが、捨ててしまう物なのであまり気にしてません。^^; 
| その他 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by matt - -
ミニマムデザイン 12:51

シャンク部分をどう見ているのかは鱒になってみないと分からないけど、オーバーサイズのフックはベテランに優しいのは確かですね。#30を結ぶ前に一度お試しください。^^


| ミッジ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by matt - -
フック 20:10

シルエットの美しさに惚れて購入しました。DAIICHIのアレクジャクソン、プレミアムフック。ブラインドアイなんて実用的じゃないと思われる人も多いでしょうが、案外そうでもありません。ガットはDIYで売ってる絹製の水糸で代用出来ますし、何より滅多に釣れない魚の口元には美しいフライを飾ってあげたいと思いませんか?(^-^)
| サーモンフライ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by matt - -
斜め浮き 11:55

ウイングをメイフライイマージャーっぽい位置に。流下姿勢よりもライトパターンの変化で使い分けることが多い。ウイングのCDCはバーチカルタイプよりは目立ちにくいように思います。アブドメンとソラックスは黒の荷造りテープとラビットファーのループダビング。
| ミッジ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by matt - -
ソフトハックル 08:26

アブドメンは荷造りテープを5mm程度の幅に割き、シャンクに固定。さらにニードルで半分に割ってからダビング材を挟みハックルプライヤーでループダビングします。最近はスレッドループを使うよりこっちの方が好みですね。
| イマージャー | comments(0) | trackbacks(0) | posted by matt - -
<< | 2/39 | >>